【上海モーターショー2017】完全自動運転を想定したVWのEVコンセプト、I.D.CROZZ

自動車 ニューモデル モーターショー
SUVの機能性とクーぺのダイナミズムを兼ね備えながら完全自動運転を見据えた次世代CUV『I.D.CROZZ』
  • SUVの機能性とクーぺのダイナミズムを兼ね備えながら完全自動運転を見据えた次世代CUV『I.D.CROZZ』
  • 次世代CUV『I.D.CROZZ』のプレスカンファレンス
  • 「I.D.パイロット」モードによる完全自動運転を実現するコクピット。自動運転時はステアリングが収納される
  • モード切替はタッチスイッチで行うようだ
  • 手元で操作できるインフォテイメントタブレットなどデジタル化した操作系を積極的に採用
  • 周囲には電子ミラー化に対応したカメラが装着される
  • 広々とした車内では大人4人がゆったり座れるセパレート型シートを採用
  • 『C-TREK』の「Boundless Edition」のプレスカンファレンス
フォルクスワーゲンは4月19日から開催している上海モーターショー2017において、ミドルサイズEVクロスオーバーのコンセプトモデル『I.D.CROZZ(アイ.ディ.クロス)』をワールドプレミアした。

このコンセプトモデルは、SUVの機能性とクーぺのダイナミズムを兼ね備えながら、完全自動運転を見据えた次世代CUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル)としていることが最大のポイント。資料によれば、モーター駆動によって302psを発揮し、4輪を駆動。最高速は180km/hをマークする一方で、最長で500kmの航続を実現するという。

エクステリアデザインは近未来を予感させるもので、ヘッドライトには自動運転時代を想定した新機能も盛り込んでいる。その一つがLEDヘッドライトを使ったインタラクティブ機能で、自動運転モードで走行しているときはこのライトを通じて歩行者や他の車両とコミュニケーションを取れる。自動運転時にはそのモードにあることを外部に知らせることは極めて重要で、I.D.CROZZは、これにいち早く対応を果たしたわけだ。

車内はセパレート型4座シートが用意され、大人4人がゆったりと乗車できるスペースを確保。パノラミックルーフにはルーフのアンビエントライトをジャスチャーコントロールで作動させられる「ライトブラインド」を組み込み、新開発の「クリーンエア」システムによって、外気の状況に関わらず室内はクリーンに保たれる設計になっているという。

コクピットも斬新そのものだ。このモデルでは「I.D.パイロット」モードによる完全自動運転が可能なのが最大のポイントだが、それを実現する数々の先進機能を搭載している。ARヘッドアップディスプレイやアクティブインフォディスプレイの他、手元で操作できるインフォテイメントタブレットなどデジタル化した操作系を積極的に採用。自動運転時にはステアリングホイールがダッシュボードに自動的に格納することも想定している。

VWによれば、このコンセプトモデルは市販化に向けた開発を進め2020年頃に市場に投入する見込みだという。

プレスカンファレンスでは、中国市場では初めて導入となるフォルクスワーゲンのPHEV車『Phideon PHEV』を発表。パサートをベースとした大型セダンであるが、パワーユニットは直列4気筒2.0リッターエンジンに電気モーターを組み合わせる。燃料消費量は2.3リットル/100km、巡航可能距離は850kmを実現している。グリルには「GTE」のエンブレムも見える。また、昨年11月の広州モーターショーでデビューした中国専用モデル『C-TREK』の「Boundless Edition」も披露。カーゴスペースの広さやパノラミックルーフなど使い勝手の良さを強調した。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

  • 【上海モーターショー2017】VW、I.D. CROZZ 発表…完全自動運転対応のEV 画像 【上海モーターショー2017】VW、I.D. CROZZ 発表…完全自動運転対応のEV
  • 【上海モーターショー2017】ヴァレオ、360度をリアルタイムで3D映像化…自動運転のための新技術 画像 【上海モーターショー2017】ヴァレオ、360度をリアルタイムで3D映像化…自動運転のための新技術
  • 進化する自動運転バス---地域交通の課題解決に向け、運用面、ビジネス面も検証 画像 進化する自動運転バス---地域交通の課題解決に向け、運用面、ビジネス面も検証
  • ぷらっとホーム、IoT清掃車をきっかけに「地域IoTと情報力研究コンソーシアム」に参加 画像 ぷらっとホーム、IoT清掃車をきっかけに「地域IoTと情報力研究コンソーシアム」に参加

特集

おすすめのニュース