軽自動車を買いたい人、前年比3.2ポイントダウンの44.7%…マイボイスコム調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット
スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ
  • スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ
  • ダイハツ・ムーヴキャンバス 〈撮影 高木啓〉
  • 軽自動車のイメージ
  • 軽自動車の購入意向
マイボイスコムは、4回目となる軽自動車に関するインターネット調査を2月1~5日に実施、1万1482件の回答を集計した調査結果を発表した。

調査結果によると、家庭で軽自動車を所有している人は27.6%、北海道・関東・近畿以外では4割強~5割となっている。所有している軽自動車メーカーは「スズキ」「ダイハツ」が25~26%、「ホンダ」が1割弱。車名別では、スズキ『ワゴンR/ワゴンRスティングレー』が10.8%、ダイハツ『ムーヴ/ムーヴカスタム/ムーヴキャンバス/ムーヴコンテ/ムーヴコンテカスタム』『ダイハツミラ/ミライース/ミラココア』が8~9%などとなっている。

また、軽自動車のイメージについては、「小回りがきく」が58.6%で最も多く、「維持費がかからない」「燃費がよい」「庶民的」が各4割、「実用的である」「割安感がある」が各3割で上位にあがっている。マイナスイメージでは、「安全性が低い」「パワー・馬力がない」「乗り心地が良くない」が各2割。「小回りがきく」「女性的」は、女性の比率がやや高く、軽自動車非所有者では、所有者より「安全性が低い」「乗り心地が良くない」が高い傾向となっている。

軽自動車の購入意向者は全体で44.7%で、前年調査より3.2ポイントダウン。そのうち女性10・20代は各6割と高くなっている。地域別では関東が4割弱と低い。軽自動車所有者では8割強が購入意向を持っているが、非所有者では3割弱にとどまっている。

軽自動車購入意向者に購入したい理由を聞いたところ、「維持費が安い」(67.4%)が最も多く、「価格がリーズナブル」「小回りがきく」が各5割、「燃費がよい」「自動車税が安い」「運転がしやすい」が3~4割で上位にあがっている。「小回りがきく」「運転がしやすい」は女性で比率が高く、「小回りがきく」は女性20代・40代以上では2位。「維持費が安い」「燃費がよい」「自動車税が安い」「日常の足として、近場の移動に使いたい」は、高年代層で比率がやや高い傾向となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集