【トヨタ ヴィッツ 改良新型】ハイブリッドモデルを追加した理由とは

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ コンパクト カー カンパニー 末沢泰謙 チーフエンジニア
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
  • トヨタ・ヴィッツ改良新型
トヨタ自動車『ヴィッツ』は一部改良を機にハイブリッドモデルが追加された。チーフエンジニアを務めた末沢泰謙氏は「コンパクト2BOX市場でも近年、環境車の割合が増えてきた中で、トヨタのハイブリッドをさらに大衆化していくことを目的に追加した」と語る。

トヨタはコンパクトカークラスではすでにハイブリッド専用モデルとして『アクア』を販売、普及しており、末沢氏も「共食いになるのになぜ入れるのか、聞かれるが、それは半分当たっている」と認めつつも、「それには2つ理由がある」と明かす。

そのひとつが「ヴィッツはトヨタの基幹モデル。ところが販売店を回ると、ヴィッツのお客さんから『次もヴィッツ買いたいんだけど、なぜハイブリッドがないの?』って結構言われる」ということに応えたからだ。

もうひとつは「環境車ではハイブリッドをもう少し普及していくということでやっていきたい」と末沢氏は明かす。

ヴィッツのハイブリッドシステムは、アクアのものをベースにしているが「改良して燃費を良くした。まずエンジンはヘッドカバーを全部とっかえひっかえして新しい技術を入れた。混合気流を効率良く回すということとピストン回りの低フリクション化でエンジン性能が格段に向上している。それとPCUは充放電制御の損失低減で新しい技術を入れている。バッテリーはリアシートに置くことでガソリン車と同じ居室空間、荷室空間、見た目を確保した」という。

ヴィッツ ハイブリッドのJC08モード燃費は34.4km/リットルと、アクアの37.0 km/リットルに及ばないものの、末沢氏は「他社の競合車も含め、同じ重量区分で比べると、ヴィッツは最高燃費」だと強調していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集