「向谷ホームドア」JR九州の筑肥線で実証実験 2017年秋以降

鉄道 テクノロジー

開閉部分をパイプにした「軽量型ホームドア」の設置イメージ。2017年秋以降に実証実験が行われる。
  • 開閉部分をパイプにした「軽量型ホームドア」の設置イメージ。2017年秋以降に実証実験が行われる。
  • 軽量型ホームドアは音楽館と日本信号が共同で開発した。写真は音楽館の向谷社長。
JR九州は12月20日、筑肥線の九大学研都市駅(福岡市西区)で「軽量型ホームドア」の実証実験を行うと発表した。同社が在来線の駅にホームドアを設置するのは、これが始めて。2017年秋以降の試験開始を目指す。

発表によると、実証実験で使用するホームドアはドアの開閉部がパイプになっており、戸袋の部分もコンパクトになった。これにより軽量化が図られ、ホームの補強工事や設置工事を最小限に抑えられるという。

このホームドアは、鉄道マニアとして知られる音楽プロデューサーの向谷実さんが社長を務める音楽館と、信号メーカーの日本信号が共同で開発した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集