北米SUVオブザイヤー2017、マツダ CX-9 が最終選考に残る

自動車 ニューモデル モーターショー
マツダ CX-9 新型
  • マツダ CX-9 新型
  • ジャガー F-PACE
  • クライスラー パシフィカ ハイブリッド
北米カーオブザイヤー主催団体は11月16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー16において、「2017北米カーオブザイヤー」のSUV部門の最終選考3車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今回が24度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。今回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門とする。

2017北米カーオブザイヤーのSUV部門の最終選考3車種は以下の通り。

クライスラー パシフィカ
ジャガーF-PACE
マツダCX-9

マツダの中型SUV、『CX-9』の新型が、最終選考に残った。英国の高級車メーカー、ジャガーカーズの新型SUV、『F-PACE』と、米国の自動車大手、FCA USのクライスラーブランドの新型ミニバン、『パシフィカ』の3車が競う。

なお、2017北米カーオブザイヤーは2017年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー17で発表される。
《森脇稔》
【画像】北米SUVオブザイヤー2017、マツダ CX-9 が最終選考に残る(3枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース