スバル、米国で インプレッサ の生産開始…好調北米市場に向け生産能力増強

自動車 ビジネス 海外マーケット
SIA インプレッサ ラインオフ
  • SIA インプレッサ ラインオフ
  • SIA インプレッサ ラインオフ
  • スバル オブ インディアナ オートモーティブ(SIA)
  • 新型インプレッサ(北米モデル)
富士重工業は11月2日、米国生産拠点のスバル オブ インディアナ オートモーティブ(SIA)が、新たに北米向けスバル『インプレッサ』の生産を開始したと発表した。

SIAは、現地時間2016年11月1日(日本時間2日)に工場敷地内でラインオフ式を実施。式典にはSIAの為谷利明取締役社長(富士重工業 執行役員)など関係者が出席し、ラインオフする初号車を盛大な拍手で迎えた。

SIAは1989年9月に稼働を開始。直近では『レガシィ』『アウトバック』の2車種を生産していたが、インプレッサの追加により、3車種の生産工場となった。さらに、2018年には多人数SUVの生産を追加する予定だ。同社の最重点市場である北米市場での販売が好調に推移する中、SIAでは継続して能力増強投資を行っており、標準操業における生産能力を、2016年3月末の21万8000台から2016年末には39万4000台、2018年度には43万6000台へ引き上げていく。

生産車は、主に米国、カナダで販売しており、2017年3月期のスバル生産台数は、過去最高となる前年比42.3%増の33万6000台を計画している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集