航空自衛隊、空軍参謀招へい行事で2機の XC-2 を運用[写真蔵]

航空 テクノロジー
前週の予行では1機のみの飛来だったが、本番では2機が入間基地に飛来したXC-2。
  • 前週の予行では1機のみの飛来だったが、本番では2機が入間基地に飛来したXC-2。
  • 量産初号機(#203)を体験搭乗用として。試作初号機(#201)を地上展示用とした。
  • 各国の空軍参謀を乗せ、滑走路へ向かうXC-2。
  • RW17に向かってタキシングしていくXC-2。
  • 離陸滑走していくXC-2。こんなに早く入間で見られるとは思いもしなかった。
  • 離陸時のエンジン音は既存のC-1よりも静かだ。
  • 離陸上昇していく。この角度からみると「ぽっちゃり系」だ。
  • 体験搭乗の詳細は明らかにされていないが、1時間という所要時間から判断するに、関東近辺の太平洋側へ向かったものとみられる。
航空自衛隊は13日に開催された「空軍参謀招へい行事」において、開発中の輸送機「XC-2」を入間基地で初めて運用した。[写真30枚]

行事当日は体験搭乗用(#203=量産初号機)と、地上展示用(#201=試作初号機)の2機を用意。XC-2と同クラスのジェット輸送機は他に存在せず、他国の参謀に対して杉山良行・航空幕僚長もトップセールスに励んだ。
《石田真一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース