上級機のサウンドチューニング能力検証…『ビーウィズ・STATE A6R シリーズ』その3

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ビーウィズ・STATE A6R シリーズ
  • ビーウィズ・STATE A6R シリーズ
カーオーディオの音の良し悪しに直結する重要項目、「サウンドチューニング」についてのあれこれを解説している。今週からは、「ビーウィズ」のハイエンド・プロセッサー『STATE A6R シリーズ』の上級機についての考察を開始する。

これまでは、シリーズのベーシック機、『STATE A6R』についてご紹介してきた。今週は、上級機である『STATE A6R DUAL』(税抜価格:80万円)について解説していく。

当機は、「左右独立・2台1組での使用を前提としたデュアルモノラル専用ファームウェア“LR拡張ファームウェア”を搭載した、3Way・3chモノラル構成専用機」である。

つまりは、右ch用に1台、左ch用に1台、それぞれプロセッサーを用意して、信号を制御する段階から左右のchを別回路に分ける、という使い方をするためのモデルなのである。こうすることで、“chセパレーション”の向上を目指すのだ。

なお、『STATE A6R DUAL』には、高水準な“chセパレーション”が得られるというメリットに加え、「機能が拡張する」という利点も備えられている。ベーシック機である『STATE A6R』を連結することで、1台で使うときと比べ、調整能力がそれぞれで「倍化」するのである。

例えばイコライザー。『STATE A6R』では、1chあたりのバンド数が「15」であるのに対し、『STATE A6R DUAL』では、1chあたりのバンド数が「30」となる。さらには、選択可能周波数ポイントが、「35」ポイントから「120」ポイントにまで増えるのだ。

ところで、ここで言う“1ch”とは、左右chのそれぞれ、ではなく、3ウェイの各1chのことを指している。つまり、“左右”という観点でバンド数を数えると、30×3=90バンド、ということになる。

しかも、その「90」のバンドの1つ1つは、「120」ものポイントから選択可能なのだ。『STATE A6R DUAL』のイコライザーは、ハイエンド・カーオーディオプロセッサーとして、トップレベルの詳細さを有していると言っていい。

クロスオーバーのスロープの選択肢も、『STATE A6R』では18dB/octだけだが、『STATE A6R DUAL』では、18dB/octと36dB/octの2つの中から選べるようになる。選択可能周波数ポイントに至っては、イコライザーと同様に「35」ポイントから一気に「120」ポイントにまで拡張する。

さて、次週はトップエンドモデル、『STATE A6R MONO』について解説していく。次回もお読み逃しなく。

【サウンドチューニング・マニュアル】上級機の「サウンドチューニング能力」の実際を検証! Part.5 『ビーウィズ・STATE A6R シリーズ』その3

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集