NEXCO 3社、2017年度までに150km以上のGS空白区間を解消…路外給油サービスを開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

ガス欠(イメージ)
  • ガス欠(イメージ)
  • 渋滞イメージ
NEXCO東日本/中日本/西日本は4月28日、高速道路上での燃料切れ防止を目的に、国土交通省と連携し、来年度までに150kmを超えるすべてのGS空白区間解消を目指すと発表した。

NEXCO 3社は取組の一環として、まずは7月中旬までに、5つのインターチェンジ(IC)にて、給油で一時退出した場合は料金が変わらない路外給油サービスを実施する。

路外給油サービスの対象ICは、磐越自動車道 新津IC、東海北陸自動車道 福光IC、道東自動車道 十勝清水IC、中国自動車道 吉和ICおよび六日市ICの5か所。来年度は、これらの効果検証を行いつつ、実施箇所を拡大していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集