ミツバサンコーワ、二輪用ETC2.0車載器を7月1日発売

ミツバサンコーワ(板橋区・柚木洋社長)は26日、ETC2.0に対応する二輪車専用車載器「MSC-BE700」を7月1日に発売することを決定した。

モーターサイクル 企業動向
7月1日発売決定、ミツバサンコーワ2.0車載器「MSC-BE700」
  • 7月1日発売決定、ミツバサンコーワ2.0車載器「MSC-BE700」
ミツバサンコーワ(板橋区・柚木洋社長)は26日、ETC2.0に対応する二輪車専用車載器「MSC-BE700」を7月1日に発売することを決定した。

二輪車ETC車載器初のアラーム機能を搭載、GPSデータ受信時にカードの有効期限切れをインジケーターの点滅で知らせる。また、走行中の緊急情報や注意警戒情報を、インジケーターの点滅で知らせる。これらの運転支援は2.0対応ならではの機能だ。さらに、同社では単体市販車載器初の3年間長期保証を付けた。

外観はGPS機能を収めても、車載器本体の大きさは、81×22×112.5(mm)と、現在発売している「MSC-BE51」と同じ。アンテナ部分(40×15.8×44)は、ETCとGPS兼用のため、現行より大きくなった。

市販されると、26日から高速道路NEXCO3社で始まった二輪車ETC購入助成キャンペーンの対象になる。価格は未定。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集