相次ぐ航空会社のシステム不具合、情報共有のための会議を開催

航空 行政
国土交通省
  • 国土交通省
国土交通省は、航空会社のシステム不具合が相次いだことを受け、航空会社がシステム不具合に関する情報・知見を共有する会議を、定期航空協会との共催で開催した。

全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)などの航空会社でシステム不具合が相次ぎ、欠航・遅延により利用者に対して大きな影響を与えるケースが相次いで発生した。

国交省では、こうした事態を深刻に受け止め、4月末からの大型連休による繁忙期を迎えるに当たって航空会社がシステム不具合に関する情報・知見を共有するため、定期航空協会との共催で、「最近の航空システム障害概要とサイバーセキュリティについての共有会議」を開催した。

会議では、システム障害事例を紹介するとともに、サイバーセキュリティ対策の事例も紹介した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集