西武鉄道、52席だけの「至福」観光電車を公開…定員10分の1に

鉄道 企業動向

豊島園駅で報道公開された4000系改造の観光電車「52席の至福」(写真先頭は4号車)。4月17日から営業運行を開始する。
  • 豊島園駅で報道公開された4000系改造の観光電車「52席の至福」(写真先頭は4号車)。4月17日から営業運行を開始する。
  • 豊島園駅での報道公開後、試乗会の列車として池袋線を走る「52席の至福」(写真先頭は1号車)。4月17日から営業運行を開始する。
  • 白地に青・赤・緑の3色帯を配した「ライオンズカラー」が印象的な4000系(2003年)。「52席の至福」は4000系の4両編成1本(4009編成)を改造した。
  • 外装は秩父の四季と秩父や武蔵野を流れる荒川の水を表現。1号車は春をイメージしたデザインが施された。
  • 外装は秩父の四季と秩父や武蔵野を流れる荒川の水を表現。2号車は夏をイメージしたデザインが施された。
  • 外装は秩父の四季と秩父や武蔵野を流れる荒川の水を表現。3号車は秋をイメージしたデザインが施された。キッチンスペースの部分は窓が埋められている。
  • 外装は秩父の四季と秩父や武蔵野を流れる荒川の水を表現。4号車は冬をイメージしたデザインが施された。
  • ロゴマークはトランプをモチーフにした。
西武鉄道は4月14日、観光電車「西武 旅するレストラン 52席の至福」を豊島線の豊島園駅(東京都練馬区)で報道公開した。4月17日から池袋(東京都豊島区)~西武秩父(埼玉県秩父市)間や西武新宿(東京都新宿区)~本川越(埼玉県川越市)間で運行し、秩父・川越の観光需要の取り込みを狙う。

「52席の至福」は、池袋線・西武秩父線の飯能~西武秩父間などで運行されている4000系電車の4両編成1本(4009編成)を、「全席レストラン車両」に改造した観光電車。車両番号は改造前と同じで、池袋線飯能方・新宿線西武新宿方から順に1号車が4009、2号車が4109、3号車が4110、4号車が4010となっている。走行装置は改造前とほぼ同じだが、車体の内外装は建築家の隈研吾さんがデザインを担当し、大きく変わった。改造工事は総合車両製作所(J-TREC)が行った。

外装は西武線の代表的な観光地とされる秩父の四季と、秩父や武蔵野を流れる荒川の水を表現。1号車は「『春』芝桜、長瀞の桜」、2号車は「『夏』秩父の山の緑」、3号車は「『秋』秩父連山の紅葉」、4号車は「『冬』あしがくぼの氷柱」のイメージでデザインしたという。ロゴマークは秩父の自然をトランプの柄に見立ててデザインした。

車内は1号車が多目的スペース車で、2号車と4号車は食事も楽しめる座席車(オープンダイニング)、3号車は厨房車になる。改造前の定員は4両編成で522人(うち座席264人)だったが、「52席の至福」は愛称の通り座席のみの52人とし、2号車と4号車に各26席を設けた。

オープンダイニングの2・4号車は、大型テーブル付きの4人席と2人席を設置。各席の間にはデッドスペースも設けてゆったりとした配置になった。内装には沿線の伝統工芸品や地産木材を一部に用いており、2号車は天井に柿渋和紙を使用。4号車の天井も西川材が使われている。厨房の3号車はクローズドキッチンとオープンキッチン、バーカウンターを配置し、天井に杉板を使用している。

多目的スペースを設けた1号車は、さまざまなイベントに対応可能。多目的トイレと男性用トイレも設置した。列車の出発後と到着前に放送する車内チャイムは、音楽プロデューサーの向谷実さんが作曲した。

車内では埼玉県の食材を中心に、埼玉県産の牛肉をテーマにした料理を提供。列車の運行時刻にあわせ、「ブランチコース」と「ディナーコース」の2種類が用意される。総合監修は日本料理店「つきぢ田村」三代目の田村隆さんで、和食を「La BOMBANCE」オーナーシェフの岡本信さん、洋食を「Restaurant La FinS」オーナーシェフの杉本敬三さん、中華を「海鮮名菜 香宮」料理長の篠原裕幸さんが、それぞれ担当する。

「52席の至福」は4月17日から運行開始。土・日曜と祝日を中心に、池袋・西武新宿~西武秩父・本川越間で運行される。基本的な運行時刻は、ブランチコースが(A)池袋10時50分発~西武秩父14時00分着、(B)西武新宿10時45分発~西武秩父14時00分着、(C)西武新宿10時45分発~本川越13時15分着。ディナーコースは(D)西武秩父17時40分発~池袋20時00分着、(E)西武秩父17時40分発~西武新宿20時00分着、(F)本川越17時15分発~西武新宿20時00分着になる。

一人あたりの旅行代金は、ブランチコースが1万円、ディナーコースが1万5000円で、予約は2~4人単位になる。現在は6月26日運行分までの予約を受け付けているが、専用予約サイトによると、ブランチコースは満席の状態(4月14日14時50分時点)だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集