ヤマト・佐川・日本郵便の宅配をまとめて管理できる楽々アプリ

エンターテインメント 話題

ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の3社に対応
  • ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の3社に対応
  • Amazon・楽天との連携も可能
  • 「ウケトル」起動画面
  • 荷物の登録は簡単
  • 各社の荷物の問い合わせ番号を入力するだけで、自動的に判定し、荷物が今どこにあるかを教えてくれる
  • 配送状況の確認画面
  • 荷物追跡が正確
  • 通知機能
 便利なネット通販だが、最大のネックは荷物の受け取りタイミング。最近はコンビニや駅ロッカーなどでの受け取りも可能となってきたが、家具や大型家電などは自宅でないと受け取れないし、コンビニ等に受け取りにいくのを手間と考える人も多い。

 また自宅の荷物受け取りだと、タイミングが合わずに「再配達」が発生する。ユーザーにとっては、大きな問題ではないが、配送業者側にとっては人的・物的コストを大きく割かれるため、できるだけ減らそうという努力を行っており、たとえば、一回の配達で受け取ってくれたユーザーには、ポイント還元すると言ったアイデアも出ているが、根本的な解決には至っていない。

 こうした状況を少しでも改善できるのでは、と期待されるアプリが登場した。宅配の荷物追跡、再配達依頼を簡単に行えるiPhone用無料アプリ「ウケトル」だ。同アプリは、日本で唯一、Amazonとシステム連携している物流会社であるイー・ロジットの関連会社が手掛けている。

 「ウケトル」は、ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の3社に対応。各社の荷物の問い合わせ番号を入力するだけで、自動的に判定し、荷物が今どこにあるかを教えてくれる。番号は複数入力して、チェックリスト化することが可能だ。「発送時」「荷物が届く直前」「受取人不在の際」など配送状況に応じて、プッシュ通知を行うことも可能だ。

 さらに、EC事業者ではAmazon・楽天に対応。アカウントを登録しておけば、ネットショッピングを行った際に、自動的に追跡番号が登録される。

 これにより、通販サイトや配送業者サイトを見なくても、「ウケトル」アプリだけで荷物の状況をリアルタイムにチェック可能となっている。また、自宅にいなかった時に、不在票を見ないと再配達できなかったものが、外出先でも、ほぼワンクリックで再配達が依頼できるようになる。一度入力した名前や郵便番号などは記憶され、2回目からは自動入力される。

 対応端末はiOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touch。全機能が無料で利用可能とのこと。

超便利! ヤマト・佐川・日本郵便の宅配を一括管理できるアプリ「ウケトル」

《赤坂薫@RBB TODAY》

特集