シュコダ、犬専用の傘を開発…ドアフレームに内蔵

自動車 ビジネス 海外マーケット
シュコダの犬専用の傘
  • シュコダの犬専用の傘
  • シュコダの犬専用の傘
愛犬家にとっては、犬を車に乗せる機会も多いことだろう。フォルクスワーゲングループに属するチェコの自動車メーカー、シュコダの英国法人が、愛犬家のお出かけに便利なオプションを開発した。

4月1日、シュコダが発表したのは、上級セダンの『スペルブ』用のオプション。同社は「シンプリー・クレバー」というシリーズ名で、オプションアイテムを設定している。今回発表されたのは、シンプリー・クレバーの最新アイテム。

その名は、「ドッグ・アンブレラ」。犬専用の傘で、スペルブの後部ドアを開けた際、ドアフレームからスマートに引き出せるのが特徴になる。乗員用の傘とペアというのも心憎い演出。

シュコダのプロジェクトリーダー、Jacques Rustle氏は、「英国は世界で最も雨の降る国のひとつです。だからこそ、この傘が英国のシュコダの顧客に大きくアピールすることでしょう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集