ダイハツ タント 最大の武器「ミラクルオープンドア」をチェック[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
ダイハツ タントの魅力を語るモータージャーナリスト西川淳氏とまるも亜希子氏
  • ダイハツ タントの魅力を語るモータージャーナリスト西川淳氏とまるも亜希子氏
  • ダイハツ タント(8インチメモリーナビ(プレミアムシャインブラック調)、後席モニター(天井吊り下げ式)、カーペットマット(ベージュ)は、ディーラーオプション)
  • ミラクルオープンドアと助手席のロングスライドによって広大なスペースを実現
  • ダイハツ タント(8インチメモリーナビ(プレミアムシャインブラック調)、後席モニター(天井吊り下げ式)、カーペットマット(ベージュ)は、ディーラーオプション)
  • ダイハツ タント(8インチメモリーナビ(プレミアムシャインブラック調)、後席モニター(天井吊り下げ式)、カーペットマット(ベージュ)は、ディーラーオプション)
  • 足元スペースは最大695mmまで拡大
  • ダイハツ タントカスタム トップエディション SAII(8インチメモリーナビ(プレミアムシャインディープブルー調)(マーブル柄)、後席モニター(天井吊り下げ式)は、ディラーオプション)
  • モータージャーナリスト西川淳氏とまるも亜希子氏
2003年の初代登場以来、それまでの軽自動車の概念を覆す「広さ」で多くの支持を集めてきたダイハツ『タント』。2007年に登場した2代目から採用された「ミラクルオープンドア」によって唯一無二の使い勝手を手に入れ、子育て世代の女性を中心としたタント人気を不動のものとした。さらに使い勝手を進化させた3代目タントの「ミラクルオープンドア」を紹介する。

昨年12月のマイナーチェンジでは、価格を維持しながら内外装の質感を向上させたほか、「カスタム」との差別化を強め、より力強い印象になった。

助手席側に備わる「ミラクルオープンドア」の開口幅は、フルオープン時で1490mm。室内高は1365mm、室内長は2200mmという圧倒的な室内空間に加え、リアのフロア高を370mmと低床としたことで乗り降りのしやすさ、リアシートへのアクセスのしやすさは群を抜く。

ボディ剛性や安全面にも抜かりはない。通常の鋼板の3倍以上の強度を持つ「超高張力ハイテン材」を使用し、本来車体側にあるべきピラーをフロントドア後端とリアスライドドア前端に内蔵したことで「ミラクルオープンドア」は実現している。本来であれば両側スライドドア化や、基本性能の向上、加飾などで質量は増加するが、骨格部材や補強部品などの配置見直しや適正化により重量増を抑えたことで、背が高い車でありながらキビキビと安定感ある走りを手に入れていることもタントの大きな特長のひとつとなっている。

動画では、「タントにうるさい」モータージャーナリスト西川淳氏とまるも亜希子氏が、「ミラクルオープンドア」の価値、そしてタントの魅力を語る。



◆ダイハツ タント スペシャルサイト
◆ダイハツ タント カスタム スペシャルサイト
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース