【MotoGP】ケーシー・ストーナー、古巣ドゥカティのテストライダーに就任

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
2016年のMotoGP合同テストが行なわれているマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットに元MotoGP王者のケーシー・ストーナーが登場。今年から就任したドゥカティのテストライダーとしての活動を開始した。

ストーナーは2007年と2011年に2輪の世界最高峰クラスであるMotoGPでチャンピオンを獲得。これから絶頂期と注目を集めたが、2012年いっぱいをもって引退を発表。その後はホンダのテストライダーとしてバイクに携わるもののレースに参戦する機会はなかった。

しかし昨年、ホンダからの誘いもあり自身の夢でもあったコカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースにMuSASHi RT HARC PROから参戦。トップ10トライアルでは1周勝負というプレッシャーがかかる中で見事なライディングを披露し、予選3番手につけた。

決勝も1時間を経過してトップに立っていたが、自身は乗るパートでまさかの転倒。そのままリタイアを余儀なくされ、ストーナー自身も右肩甲骨と左足の脛骨を骨折。不完全燃焼で鈴鹿を後にすることになった。

その後は順調に回復したストーナー。昨年12月でHRC(ホンダ)とのテストライダー契約満了を受け、同社での契約にも一区切り。今年は彼が初めてMotoGPチャンピオンを獲得したドゥカティでテストライダー契約を結んだ。

実質的に初仕事となる今回のセパンテスト。公式テスト前にはレギュラーライダーより一足早く現地入りし、15年型の『デスモセディチ』でテスト走行を行なった。そして、テスト2日目もドゥカティのマシンに乗りコースイン。45周を走破し、ベストタイムは2分01秒103をマークする。鈴鹿8耐から本格走行はブランクが空いていたにも関わらず、いきなりトップから1秒差の9番手タイム。彼のポテンシャルの高さが感じられる1日となった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

  • 【MotoGP】2016公式テスト、王者ロレンソが初日トップタイム 画像 【MotoGP】2016公式テスト、王者ロレンソが初日トップタイム
  • 【MotoGP 16】ヤマハ、ロレンソとロッシで今季も三冠獲得めざす 画像 【MotoGP 16】ヤマハ、ロレンソとロッシで今季も三冠獲得めざす
  • 【鈴鹿8耐】転倒したストーナー、怪我の状況をツイッターで報告「チームに申し訳ない」 画像 【鈴鹿8耐】転倒したストーナー、怪我の状況をツイッターで報告「チームに申し訳ない」
  • 【まとめ】年間王者はロレンソ、新旧王者の“見苦しい”争いで後味悪いシーズンに…MotoGP 画像 【まとめ】年間王者はロレンソ、新旧王者の“見苦しい”争いで後味悪いシーズンに…MotoGP

特集