【JNCAP2015】スバル インプレッサ / XV が最高ランク「ASV+」

自動車 ニューモデル 新型車

スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド
  • スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド
  • スバル インプレッサ/XV が最高ランク「ASV+」を獲得
  • スバル アイサイト
富士重工は12月17日、運転支援システム「アイサイト」を搭載するスバル『インプレッサ/XV』が、2015年度JNCAP予防安全性能アセスメントで、最高ランクの「ASV+」の評価を獲得したと発表した。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、被害軽減ブレーキ、車線はみ出し警報、さらに今年度からはバック時の視界情報を支援する後方視界情報提供装置(バックビューモニタ等)の安全性能試験を実施し、車両の予防安全性能を「ASV+」、「ASV」の2段階で総合評価する。

インプレッサ/XVは46点満点、インプレッサ スポーツハイブリッド/XVハイブリッドは45.3点と、ともに高い評価を受け、「ASV+」を獲得した。

スバル車は、これまでに実施された予防安全性能アセスメントで、アイサイトを搭載するすべての車種が「ASV+」を獲得しており、アイサイトを核とした予防安全性能の高さを実証している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集