山陽新幹線の500系「エヴァ」、車内に実物大コックピット設置

鉄道 企業動向

「500 TYPE EVA」1号車のイメージ。実物大のコックピットが設置される。
  • 「500 TYPE EVA」1号車のイメージ。実物大のコックピットが設置される。
  • 「500 TYPE EVA」1号車のイメージ。コックピットのほかジオラマやパネルなども設置される。
  • 2号車は通常の自由席だが、「エヴァ」のデザインが施される。
  • 「エヴァ」初号機に似た「500 TYPE EVA」の外観イメージ。11月7日から山陽新幹線で運行される。
JR西日本は9月30日、500系新幹線電車の装飾車両「500 TYPE EVA」の内装を発表した。11月7日から山陽新幹線で運行する。

「500 TYPE EVA」は、山陽新幹線の全線開業40周年とテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放映開始20周年を記念して運転する、500系の装飾車両。車体の外装は7月に発表されており、「エヴァンゲリオン」に登場するロボット「汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン」、その初号機に似たデザインで装飾される。

今回の発表によると、1号車には「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」を設置。「エヴァンゲリオン」の実物大コックピットやパネル、フォトスポット、ジオラマを設置して「乗車中にエヴァンゲリオンの世界観をお楽しみいただける」ようにするという。また、2号車も「500 TYPE EVA 特別内装車」とし、座席などに「エヴァンゲリオン」のデザインを施す。

「展示・体験ルーム」の利用に際しては事前の予約が必要で、申込みは乗車1カ月前の10時から3日前の21時まで特設ウェブサイトで受け付ける。旅行会社でも「展示・体験ルーム」が利用できる専用の旅行商品を発売する予定だ。「特別内装車」は通常の自由席として利用できる。

「500 TYPE EVA」は11月7日から2017年3月まで、博多6時36分発の新大阪行き『こだま730号』と、新大阪11時32分発の『こだま741号』で運用する予定。ただし日によっては「500 TYPE EVA」を使用しない日もある。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集