【F1 日本GP】鈴鹿市内にモニュメント…ハミルトン、ベッテルらの手形も

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
  • 白子駅で行われた記念モニュメントの除幕式
2015年のF1日本GP開幕を前に、鈴鹿市内のランドマークエリアに記念モニュメントが作られ、除幕式が行われた。

2004年にモータースポーツ都市宣言をした鈴鹿市が地元の商工会議所と協力。街おこし事業のシンボルとして、週末は多くの来場者で賑わう近鉄白子駅の西口ロータリー前に記念モニュメントの設置が決まった。昨年表彰台に上がった3ドライバー(ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、セバスチャン・ベッテル)の手形入りプレートと、鈴鹿でのF1日本GPで優勝したドライバーの名前が入ったプレートが用意された。

この日は、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテルに加え、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンも除幕式にスペシャルゲストとして参加。悪天候の中での除幕式となったが、各ドライバーとも「素晴らしいサーキットがある鈴鹿で、このようなオープニングセレモニーに出席できて光栄」と笑顔で挨拶。特にベッテルは「今日は天気が悪いけど週末に向けての良くなるといいね」と、晴天の中での日本GP開催を願っていた。

またライコネン、アロンソ、バトンも鈴鹿での歴代優勝者ということで、手形をとって後日プレートが完成する予定だ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集