マツダ フレア、燃費性能向上…ターボ車にもモーターアシスト採用

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ フレア HS
  • マツダ フレア HS
  • マツダ フレア カスタムスタイルHT
マツダは、軽乗用車『フレア』を一部商品改良し、5MT車を除く全機種で燃費性能を向上。9月3日より販売を開始した。

今回の商品改良では、ターボエンジン搭載機種に、モーターでエンジンをアシストするISGを搭載した「S-エネチャージ」を新たに採用。燃費性能を26.4~28.0km/リットル(JC08モード)に向上した。

また、自然給気エンジンも改良し、CVTを搭載した機種の燃費性能は29.0~33.0km/リットル(HSの2WD車、カスタムスタイルHSの2WD車、XG)に達している。

さらにLED内蔵フロントグリルやLEDイルミネーションなどを採用した「カスタムスタイル」では、フロントLEDフォグランプを標準装備とした。

なお同モデルは、スズキ『ワゴンR』のOEMモデル。価格は115万5600円から175万7160円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集