JR九州、3駅の自動放送にメロディー導入…向谷さん作曲

鉄道 企業動向

JR九州は小倉・大分・宮崎3駅の自動放送に向谷実さん作曲のメロディーを導入した。写真は宮崎駅。
  • JR九州は小倉・大分・宮崎3駅の自動放送に向谷実さん作曲のメロディーを導入した。写真は宮崎駅。
  • 3駅のメロディーは向谷実さんが作曲した。
  • 向谷さんは九州新幹線の発車メロディーや日南線の特急『海幸山幸』(写真)の車内メロディーなども手がけている。
JR九州は5月1日から、小倉・大分・宮崎3駅のホームで流している案内用自動放送に、向谷実さんが作曲したメロディーを導入した。

向谷さんは鉄道マニアとして知られる音楽家。鉄道各社の発車メロディーも多数作曲しており、JR九州内では九州新幹線の発車メロディーや日南線の特急『海幸山幸』の車内メロディーなどを手がけている。今回は小倉駅の在来線ホームと、大分・宮崎両駅のホームで向谷さん作曲のメロディーが導入された。

各メロディーのコンセプトは、小倉駅が「多方面に発着を行う小倉駅のダイナミックな雰囲気に合わせ、ゆったりとした中にも多種多様な音の要素をちりばめたメロディー」、大分駅が「駅の高架が完成し、駅前に大きなビルが建ったことで、上を見上げて羽ばたいていけるようなメロディー」、宮崎駅が「ハネムーンのメッカとして一世を風靡した宮崎。その当時のヒット曲をモチーフに、軽やかな印象に残るメロディー」としている。

各メロディーは、列車のホーム入線時の自動放送で約5秒、列車発車時のドア開閉予告放送で約10秒流される。ただし、安全確保のため現在の電子警告音が流れる場合もある。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集