【上海モーターショー15】ブガッティ、初公開車はなし…ヴェイロン 後継車の開発は順調

自動車 ニューモデル モーターショー
ブガッティ ヴェイロン(上海モーターショー15)
  • ブガッティ ヴェイロン(上海モーターショー15)
  • ブガッティ ヴェイロンの最終モデル「ラ・フィナーレ」(参考画像)
  • ブガッティ ヴェイロンの最終モデル「ラ・フィナーレ」(参考画像)
フォルクスワーゲングループは4月19日、上海モーターショーのプレビューイベントを開催。傘下の高級スポーツカー、ブガッティから、ワールドプレミアは用意されなかった。

上海モーターショーのプレスカンファレンスには、ブガッティのヴォルフガング・ドゥルハイマー社長が登壇。『ヴェイロン』の生産が終了した現在、次なる発表に注目が集まった。

ヴォルフガング・ドゥルハイマー社長は、「次なる章に向けて、準備を進めている」とコメント。

会場には、2010年にギネス世界最高速記録、431.072km/hを打ち立てたヴェイロンの「16.4スーパースポーツ」を展示。このことから、ヴェイロン後継車の開発が、順調に進んでいることをうかがわせた。

なお、ヴォルフガング・ドゥルハイマー社長は、「引き続き、中国市場に対するコミットメントを維持する」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集