【スズキ エブリイ 試乗】2ペダルMTで軽ワンボックスでも納得の走り…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
  • スズキ エブリィ JOIN
日本の経済と生活を支える、なくてはならない存在、軽ワンボックス。その中でトップシェア(ワゴン含む)を誇る『エブリイ』が9年6か月振りに一新された。

もちろん今回も、室内サイズを始め“クラストップ”が謳われている。とくに室内幅(+35mm)やシートスライド量の拡大(運転席:+65mm、助手席:+60mm)、前後乗員間距離の拡大(+100mm)など居住環境の改善は著しく、ユーザーにはありがたい。軽自動車トップという2240mmの室内長は、バックドアを開け後ろから眺めただけでも呆れるほどのゆとり。理屈抜きで“使えるクルマ”であることがわかる。

そして注目はバンの2ペダル、AGSだ。NAエンジンへの搭載だが、“空荷状態”の1名乗車ながら試乗してみると、いかにもエンジン性能を無駄なく効率的に引き出しながら走っていることを実感した。変速は実にスムースで上手だし、誰が運転しても経済的で快適な走りになりそう。しっかりした手応えのステアリングフィール、良質な乗り味も魅力だが、かなりいい出来栄えに驚いた次第だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集