米 ホンダ、フィットEV のリース価格引き下げ…月々199ドルへ

エコカー EV
ホンダ フィットEV
  • ホンダ フィットEV
  • ホンダ フィットEV
  • ホンダ フィットEV
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは3月23日、『フィットEV』のリース価格を引き下げると発表した。

フィットEVは、『フィット』ベースのEV。燃料電池車の『FCXクラリティ』用のモーターは、最大出力123psを発生する。二次電池は、蓄電容量20kWhのリチウムイオンバッテリー。米国EPA(環境保護局)の電費性能は、118MPGe。1回の充電で航続できる距離は、最大132km。

米国ではフィットEVはリース販売のみとなるが、2012年7月、まずは西海岸のカリフォルニア州とオレゴン州でリース販売を開始。その後、マサチューセッツ、コネチカット、メリーランド、ニューヨーク、ニュージャージーの5州にもリース販売エリアを拡大した。現地では3年間のリース契約で、月々の支払額は389ドル(約4万6600円)だった。

2013年5月、アメリカンホンダは、フィットEVのリース価格の引き下げを発表。3年間のリース契約での月々の支払額は、389ドルから259ドル(約3万1000円)へ、130ドル(約1万5500円)引き下げた。

そして今回、アメリカンホンダは、フィットEVのリース価格の2度目の引き下げを発表。月々のリース料を、259ドルから199ドル(約2万3800円)へ、60ドル(約7200円)引き下げた。

同時に、2年契約の新リースプランを導入。既存のフィットEVオーナーだけでなく、新規の顧客も、この2年リースプランが利用できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 燃料電池車は本当に「究極のエコカー」なのか…FCV対EV徹底比較 画像 燃料電池車は本当に「究極のエコカー」なのか…FCV対EV徹底比較
  • BMW 初の市販EV アクティブE 、リース終了後の末路 画像 BMW 初の市販EV アクティブE 、リース終了後の末路
  • マツダ、デミオEV のリース販売を開始 画像 マツダ、デミオEV のリース販売を開始
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース