【F1】フェラーリ、新マシン『SF15-T』発表…新加入ベッテルも赤のスーツで

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
  • フェラーリ『SF15-T』
フェラーリは30日、チームの公式サイト上で2015年の新マシン『SF15-T』を発表した。

カラーリングは昨年と比べて大きく変わっていないが、フロントノーズが低く先端に突き出した形状になっているのが印象的。

昨年の『F14 T』はコックピット(運転席)から先端にかけて象の鼻のような曲線を描いていたが、今回は直線的に伸びている印象だ。

ドライバーはレッドブルから移籍したセバスチャン・ベッテルと、在籍2年目になるキミ・ライコネン。さらにリザーブドライバーとしてエステバン・グティエレスがチームに帯同する。特にベッテルは、F1デビュー以降では真っ赤なレーシングスーツは初めて。その新鮮な姿も公開されている。

昨年、1993年以来となるシーズン未勝利に終わり、過去20年間にはなかった大不振の責任をとってチーム代表をはじめ首脳陣はほぼ総入れ替え。全く新しい体制で2015年はタイトル獲得を目指す。

また、これまでレッドブルで4年連続王者に輝くなど大活躍してきたベッテルにとっても、フェラーリ移籍という転機を迎えたシーズン。かつてのミハエル・シューマッハのように、名門チームを再び世界一の座に導けるのか、早くも注目が集まっている。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集