【SUPER GT】レクサス勢、今年も6台体制でGT500タイトル奪還へ…新コンビも

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

レクサスの今季GT500ドライバーたち。右最前列は伊藤大輔。
  • レクサスの今季GT500ドライバーたち。右最前列は伊藤大輔。
  • GT500に参戦する「レクサスRC F」。
  • トヨタの今季参戦ドライバーたちが集合。
  • GT3仕様の「RC F」。
  • #6 ENEOS SUSTINA RC Fは昨年と同じ大嶋&国本のコンビ(写真は14年)。
  • #38 セルモの立川は一昨年以来の王座を目指す(写真は14年)。
  • 石浦は今季、#38 セルモに移籍した(写真は14年)。
  • 昨年のレースシーンから。#36を先頭に集団を形成するRC F勢。
30日に「MEGA WEB トヨタ シティショウケース」で実施された2015年トヨタモータースポーツ活動発表会では、SUPER GT/GT500クラスに参戦するレクサス レーシングの今季ラインナップも発表されている。

昨年は新規定初年度のGT500クラスのタイトルを獲り逃がしているだけに、捲土重来を期しての15年シーズンとなるが、全6台の「レクサス RC F」のドライバー布陣は下記のようになった。

#6 大嶋和也&国本雄資(Team LeMans)
#19 脇阪寿一&関口雄飛(R.P.BANDOH)
#36 伊藤大輔&ジェームス・ロシター(TOM’S)
#37 アンドレア・カルダレッリ&平川亮(TOM’S)
#38 立川祐路&石浦宏明(CERUMO)
#39 平手晃平&未定(SARD)
※カッコ内はチーム。装着タイヤは#19がヨコハマで、他はブリヂストン。

昨季はスーパーフォーミュラ(SF)にフル参戦しつつ、世界耐久選手権(WEC)とSUPER GTも掛け持つ状況だった中嶋一貴が、今季はSUPER GTレギュラーラインナップからは外れ、SFとWECに集中することとなった。そのため、2台体制のTOM’S内では空いた#36に伊藤が#37から移ってロシターと組み、#37には初のレギュラーシート獲得となる平川が加入、カルダレッリとのコンビに。

#6と#19は昨年のコンビを継続。一方で一昨年のチャンピオンである#38は、立川の相棒に石浦を#39から新たに獲得した。石浦はSFでは昨年から“立川監督”率いるCERUMO・INGINGで走っており、両カテゴリーでより緊密な連携が期待されるところだ。昨年まで立川のパートナーだった平手は、石浦とトレードのかたちで#39へ。今度はエースとしてチームを引っ張る働きを求められるだろう(その平手の僚友は後日発表)。

また、この日はRC FのGT3規定車についても「日欧で3台をカスタマー供給」と発表された。国内ではSUPER GT/GT300クラスにLM corsaチームが参戦予定だという。

なお、TOYOTA RACINGとしては、引き続きaprチームの#31「TOYOTA PRIUS apr GT」がGT300に参戦する。ドライバーは嵯峨宏紀と中山雄一、タイヤはブリヂストン。

今季のSUPER GTシリーズは4月5日決勝の日程で開催される岡山国際サーキット戦を皮切りに、国内7戦+海外1戦(タイ戦)の全8戦で争われる。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集