ハーフカウル装備のスズキ GSR250S、カラーリングを変更

モーターサイクル 新型車

スズキ・GSR250S(2015年)
  • スズキ・GSR250S(2015年)
  • スズキ・GSR250S(2015年)
  • スズキ・GSR250S(2015年)
  • スズキ・GSR250S(2015年)
スズキは、ロードスポーツバイク『GSR250』のハーフカウル仕様『GSR250S』を一部変更し、1月26日より発売する。

GSR250Sは、高い防風効果を発揮するハーフカウルを装備。また、ハンドル形状と位置の変更により高速走行や長距離ツーリング等における防風性や快適性を高めている。

今回の一部改良では、サイドアッパーカウル色をシルバーに変更したほか、ロゴデカールの色も見直した。主要諸元に変更はない。

価格は据置の49万2480円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集