【デトロイトモーターショー15】ボルボ XC90 新型に「R‐デザイン」、北米初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン(デトロイトモーターショー15)
  • ボルボ XC90 R‐デザイン
スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、新型『XC90』の「R‐デザイン」を北米初公開した。

新型XC90は、ボルボカーズの最上級SUVとして2014年8月下旬、欧州で発表。2014年9月には、欧州仕様にR‐デザインを設定している。

R‐デザインは、新型XC90のスポーツ仕様。外観は、エアロダイナミクス性能を追求したスポイラー一体型の専用前後バンパーを採用。ダーク仕上げのフロントグリル、ツインエグゾーストなどを専用装備。足元には20インチのアルミホイールを装着。オプションで22インチも選択できる。ルーフレールはブライト、ドアミラーはマットシルバー仕上げ。

インテリアも、R‐デザイン流儀。レザー製スポーツシート、ステアリングホイール、ペダル、シフトレバーなどが、Rデザイン専用となる。

デトロイトモーターショー15において、ボルボカーズは、新型XC90のR‐デザインを北米初公開。プレスカンファレンスに登壇した同社のマーケティング・営業&顧客サービス担当、アラン・フィッセル上級副社長は、「R‐デザインは、アクティブなドライビングや個性を好む顧客に、アピールする1台」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集