【ダイハツ コペン エクスプレイ 発表】バイクのモタードのようにバランスさせたデザイン

自動車 ニューモデル 新型車
ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
  • ダイハツ コペン エクスプレイ
ダイハツから発売された『コペン』の第2弾、『コペン エクスプレイ』のデザインコンセプトは、タフ&アグレッシブだ。

ダイハツ工業デザイン部の池内淳さんは、コペン エクスプレイのユーザー層について、「発売前の調査では、若い人から高い支持を得ているという結果が出ていることから、そういった方にもこのデザインの遊び心が十分に伝わっていくのではないか」と述べる。そして、「エクスプレイをきっかけに若い方はもちろん、様々な世代に、クルマの楽しさをもっと感じてもらいたいと思っている」と話す。

デザインコンセプトの一つであるアグレッシブさは、「昔のレーシングカーのようなピュアなシンプルさを明快に表現しようと、フロントのエアインテークを基点とし、そこからエンジンやキャビン、ルーフ、そして後ろまでつなげることで、ひとつの多面体として見えるようにデザインした」とコメント。

そしてタフさは、「クロスオーバーの手法を用いて四隅のタイヤを強調し、力強い走りをイメージしている」と池内さん。さらに、「ボディの黒い部分はSUVのタフさをイメージしているが、それ以外にも“Dフレーム”により剛性が高いので、それがイメージできるように、黒い部分が前後のストラットタワーの上を“がしっ”と掴んでいる。さらにその周りのボディパネルを凹ませることで、より剛性感が高く、走りの良さを強調している」と説明。

池田さんは「タフさとアグレッシブさのバランスを取るのが難しかったが、バイクでいうモタード、つまりオフロードとオンロードの要素をうまくバランスさせることで、オープンスポーツカーでありながら、唯一無二な遊び心、存在感を表現できたと思う」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • ダイハツ コペン 新型用リフトアップスプリング発売…新型「エクスプレイ」も対応 画像 ダイハツ コペン 新型用リフトアップスプリング発売…新型「エクスプレイ」も対応
  • 【ダイハツ コペン エクスプレイ 発表】オープンカーの概念を変える「遊び車」…3つの“X”に想い[写真蔵] 画像 【ダイハツ コペン エクスプレイ 発表】オープンカーの概念を変える「遊び車」…3つの“X”に想い[写真蔵]
  • 【ダイハツ コペン エクスプレイ 発表】“アキバ文化”とコラボ、若者向けに魅力を発信 画像 【ダイハツ コペン エクスプレイ 発表】“アキバ文化”とコラボ、若者向けに魅力を発信
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース