【ロサンゼルスモーターショー14】VW、6年ぶりに燃料電池車を発表…ゴルフ ベースのハイモーション

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション(ロサンゼルスモーターショー14)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション(ロサンゼルスモーターショー14)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション(ロサンゼルスモーターショー14)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション(ロサンゼルスモーターショー14)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション
米国で11月18日に開幕したロサンゼルスモーターショー14。欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンのブースでは、『ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーション』が初公開された。

同車は、新型『ゴルフ ヴァリアント』をベースに、フォルクスワーゲングループのドイツ研究部門が開発しコンセプトカー。その特徴は、燃料電池車という点。

フォルクスワーゲンが「ハイモーション」の名前を冠した燃料電池車を発表したのは、2008年の『ティグアン』以来、6年ぶり。環境対応車に関しては、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を重視しているフォルクスワーゲンだが、ロサンゼルスモーターショー14は、FCV(燃料電池車)の研究開発も続行していることを示す機会となった。

ところで、新型『ゴルフ』シリーズには、新世代モジュラー車台、「MQB」を採用。このMQBが、ガソリン&ディーゼルエンジンだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EV、天然ガス、水素燃料電池と、多彩なパワートレインに対応できることを、フォルクスワーゲンは、ゴルフ・スポーツワーゲン・ハイモーションで提示する。

車両の後部床下に、カーボンファイバー製の水素タンクを4個搭載。フロントに置かれる燃料電池スタックで、水素と酸素を結合させて電気を作り出し、モーターにより前輪を駆動する。このモーターは、新型ゴルフのEV、『e-ゴルフ』用を使用。

車両の後部に、リチウムイオンバッテリーを搭載。減速時のエネルギーを回生して蓄電。この電力を、燃料電池システムの起動時に使用する。また、急加速が必要な際、モーターに電力を送り、加速をアシストする、0‐100km/h加速は10秒の性能。水素をフル充填した状態で、最大約500km走行できる。水素の充填に要する時間は、約3分。

フォルクスワーゲンは、「市販するためには研究開発を全て完了し、一般の消費者が購入可能な価格帯となること、そして何よりも水素インフラの整備が必須」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ロサンゼルスモーターショー14】トヨタ の新型 FCV 、MIRAI を北米初公開…水素は3年間無料供給 画像 【ロサンゼルスモーターショー14】トヨタ の新型 FCV 、MIRAI を北米初公開…水素は3年間無料供給
  • ホンダ、新型燃料電池車 FCVコンセプト を世界初公開…燃料電池スタックを小型化 画像 ホンダ、新型燃料電池車 FCVコンセプト を世界初公開…燃料電池スタックを小型化
  • 【ロサンゼルスモーターショー14】アウディ A7 に「h‐トロン」…水素燃料電池のPHVを提案 画像 【ロサンゼルスモーターショー14】アウディ A7 に「h‐トロン」…水素燃料電池のPHVを提案
  • 【トヨタ MIRAI 発表】燃料電池車、723万6000円で12月15日より発売…航続距離650km 画像 【トヨタ MIRAI 発表】燃料電池車、723万6000円で12月15日より発売…航続距離650km

特集