【ロサンゼルスモーターショー14】メルセデス-マイバッハ Sクラス…復活の極上サルーン[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
  • メルセデスベンツ メルセデス-マイバッハ Sクラス(ロサンゼルスモーターショー14)
メルセデスベンツはロサンゼルスモーターショー14において超高級サルーン『メルセデス-マイバッハ Sクラス』を出展した。

マイバッハという名は100年以上前の1909年に創業したドイツのエンジンメーカーに端を発する。その後ダイムラー・クライスラー傘下となり、2002年からは超高級車ブランドとして復活した。

しかし2012年に生産を終了し、ダイムラー社の超高級ブランドは空席に。今回2年ぶりに、メルセデスベンツのサブブランドというかたちで復活を果たした。

ロサンゼルスモーターショー14で公開されたのは『Sクラス』をベースに開発が行われ、ボディサイズは全長5453mm、ホイールベース3365mm。Sクラス ロングホイールベース車に対して、およそ200mm拡大された。

室内は超高級車にふさわしく、拡大された部分はそのまま後席の足元空間の拡大に当てられ、頭上スペースも引き上げられた。後部ドアやCピラーは専用設計となる。

同車の頂点に立つグレードが「S600」。搭載されるエンジンは、6.0リットルV型12気筒ツインターボ。最大出力530hp、最大トルク84.6kgmを発揮し0‐100km/h加速は5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と公表された。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース