RJCカーオブザイヤー、日産のステアリング技術がテクノロジー部門の最優秀賞

自動車 ニューモデル 新型車
日産・スカイライン「350 ハイブリッド タイプSP」
  • 日産・スカイライン「350 ハイブリッド タイプSP」
  • ダイレクト・アダプティブ・ステアリング(概略図)
  • スバル レヴォーグ
  • スズキ ワゴンR 新型
  • スズキ ワゴンR 新型
  • BMW i LifeDrive構造
  • メルセデスベンツ C180 アバンギャルド
  • BMW i8
日本自動車研究者ジャーナリスト会議が選定する2015年次RJCカーオブザイヤーで、日産『スカイライン』に採用された「ダイレクト アダプティブ ステアリング」が、テクノロジーを表彰する「2015年次RJCテクノロジー オブザイヤー」を受賞した。

11日に開催された最終選考には、スバル『レヴォーク』/『WRX S4』の運転支援システム「アイサイト(ver.3)」、マツダ『デミオ』のSKYACTTIV-D 1.5 エンジン、日産『スカイライン350GT HYBRID』のダイレクト アダプティブ ステアリング、スズキ『ワゴンR』S-エネチャージ、BMW『i3』/『i8』のLife Drive(ライフドライブ)コンセプト、メルセデスベンツ『Cクラス』のレーダーセーフティパッケージの6つのテクノロジーがノミネート。RJC選考委員の投票により、日産の「ダイレクト アダプティブ ステアリング」がテクノロジー部門の最優秀賞を受賞した。

主催者は「スカイライン350GT HYBRIDに搭載されたダイレクトアダプティブステアリングは、ステアリングシャフトを介さず、ステアリングの動きを小型モーターと一体化したセンサーにより電気信号に置き換えてタイヤを操舵する世界初の次世代ステアリング技術。路面からの不要な情報を抑えて直進安定性を高めるとともに、遅れのない操舵感で従来にない快適・安全なハンドリング性能を実現するとともに、その機構から将来の自動運転を実現するための重要な技術であるとして高く評価した」とコメントしている。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース