【モータースポーツジャパン14】往年の名車と幻の“じゃじゃ馬”を発見…フォード エスコートRS MK2と日産 MID 4

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フォードエスコートRSとMID 4
  • フォードエスコートRSとMID 4
  • コスワースBDAエンジン
  • タワーバーはアッパーマウント共締めではなくタイヤハウスに直付け
  • フォードエスコートRSとMID 4
  • フォードエスコートRS MK2(コスワースチューン)
  • フォードエスコートRSとMID 4
  • 安全タンクなど競技レギュレーションもクリア
  • 国内グラベルフィールドで多数のタイトルをとったSP-82R
モータースポーツジャパンのメイン会場の外にあるC会場では、公園スペースを利用して、ヒストリックカーやレプリカカーなどを展示している。そこに珍しい車を発見した。

まず往年のラリーファンにはたまらない「フォードエスコートRS MK2」だ。ビョルン・ワルデガルド、アリ・バタネンらの活躍や、その後の世代の多くのドライバーが修業時代に乗っていたという名車だ。10年ほど乗らずにいた車だそうだが、11月の「レジェンド・オブ・ラリー」に参加するためレストアしたものだという。

元はフォードオーストラリアのワークスカーだったもので、当然エンジンはコスワースの2リットルエンジンBDAに換装されている。最大出力は238馬力だという。ロールケージやバケットシートはもちろん、安全タンクも装備され、バッテリーもトランクに移設されている本格的なラリー仕様車だ。タイヤは日本のラリーストには懐かしいダンロップのSP-82Rだ。

もう1台は日産が1987年に製造した「MID 4(Type II)」である。その年のモーターショーに向けて開発され出展されたものだが、その名のとおりVG30DETTエンジンを車体中央に搭載した4輪駆動のスポーツカーだ。

モーターショーに参考展示されたが、コンセプトカーではなく実際にサーキットなどでテスト走行もし市販されるという話もあった車だ。当時のモータースポーツ誌のレポートで、現在パイクスピークヒルクライムで活躍する田嶋選手が試乗して競技車両としてのインプレッションを語っていたこともある。なお、このとき田嶋選手はスピンを喫してしまい、ハイパワー4WDのミッドシップでHICASという4輪操舵技術などを搭載していたものの、電子制御はエンジンなど一部に限られ相当なじゃじゃ馬だったようだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集