【レクサス RC 発売】新型スポーツクーペ…RC350 は596万円から、ハイブリッドの RC300h は565万円から

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス・RC350 バージョンL
  • レクサス・RC350 バージョンL
  • レクサス・RC350
  • レクサス・RC300h
  • レクサス・RC350
  • レクサス・RC350
  • レクサス・RC300h
  • レクサス・RC300h Fスポーツ
  • レクサス・RC300h Fスポーツ
レクサスは、新型スポーツクーペ『RC350』『RC300h』を10月23日より発売する。

エクステリアは「アヴァンギャルド・クーペ」をテーマに、フロントからキャビン、リアへと連続する一体感あるダイナミックなプロモーションを実現。スピンドルグリルを起点とするワイド&ローのフロントビューと、張り出したホイールフレアでスポーティな走りを強調する。

インテリアは、ドアトリムやコンソールリッドに同じ形状のデザインエレメントを連続的に重ね合わせ、その中に金属や革調素材を織り込むことで深みのあるエレガンスを表現。アンビエントイルミネーションをレクサス初採用、走行状態と連動して光量を調整する間接照明で、室内空間をエレガントに演出する。

ボディ性能では、高い剛性を確保するために、大断面のロッカーパネルなどを採用し、骨格を強化。フラット化を徹底したアンダーボディや、エアロスタビライジングフィンの装備により、空気の流れを車両安定性の確保に利用する「空力操安」というアプローチで、優れた操縦安定性を確保する。

エンジンは、RC350には最高出力318psを発生するV6 3.5リッターを採用。8-Speed SPDSのなめらかな加速で快適な走行をもたらす8速ATは、Mポジション選択時に最短0.2秒での変速を可能とする。

RC300hは、低燃費と高出力を実現する直噴技術、次世代D-4Sを搭載した直列4気筒2.5リッターエンジンを擁するハイブリッドシステムを採用。総合出力は321ps(エンジン178ps、モーター143ps)を発生する。23.2km/リットル(JC08モード)の低燃費を達成しながら、エンジンの回転数を細かく制御することで、スポーティな走行を実現する。

また、ブラインドスポットモニターや、衝突の危険回避をサポートするプリクラッシュセーフティシステム、車線の逸脱を警告するレーンディパーチャーアラートなど、安全装備も充実させている。

全長4695mm×全幅1840mm×全高1395mm、ホイールベースは2730mm。価格はRC350が596万から678万円、RC300hが565万円から629万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集