ルノー カングー ペイザージュ 発売…シャンパーニュの風景を再現した3色の限定車

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
ルノー・ジャポンは23日、『カングー』の限定車「カングー ペイザージュ」を発売した。シャンパンの産地として知られるフランス・シャンパーニュ地方の風景をイメージした、3色の限定車だ。

カングーは、商用車をベースとした広い室内空間と高い機能性を持ち、欧州では「ルドスパス(LUDOSPACE):遊びの空間」と呼ばれ親しまれているモデル。実用性もさることながら、フランス車らしい愛嬌あるデザインやポップなカラーリングなどから、日本でもファンが多い。

限定車のモデル名となった「ペイザージュ」は、フランス語で「風景」を意味する。シャンパーニュ地方の伝統的風景である、黄色い菜の花畑、わずかにくすんだ青空、そしてブドウの葉が青く茂る丘陵地帯をイメージし、それぞれ「ジョンシトロン」「ブルーアルジョンM」「ヴェールカクトゥスM」の3色を設定した。

ベース車となるのは1.6リットルエンジンの「カングー ゼン AT」で、外装色以外ではブラックバンパーにシルバーの加飾を加えているのが他グレードにない特徴。またドアミラーをシルバー塗装、プライバシーガラスを標準化するなど特別感ある装備を追加している。さらに、フロントシートバックにテーブルを追加、助手席を完全フラットにできる可倒式とするなど、実用性も大幅に高めた。

価格は241万5000円と、ベース車と同価格とした。限定200台の内訳は、ジョンシトロンが100台、ブルーアルジョンMとヴェールカクトゥスMがそれぞれ50台。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集