【MINI クロスオーバー 試乗】ディーゼル新時代、「プレミアム」名乗るには今一歩…中村孝仁

試乗記 輸入車

MINI クロスオーバーSD
  • MINI クロスオーバーSD
  • MINI クロスオーバーSD
  • MINI クロスオーバーSD
  • MINI クロスオーバーSD
  • MINI クロスオーバーSD
  • リアシートは40:20:40に分割可倒できる
  • ラゲッジスペースは2重底
  • MINI クロスオーバーSD
ついにミニにもディーゼルを搭載してきたBMW。いよいよ日本市場にもディーゼル時代が到来したと思わせる状況になってきた。今回ディーゼルが搭載されたのは『クロスオーバー』と『ペースマン』。今回はクロスオーバーの試乗である。

ミニに用意されたディーゼルは2種類。このうち、『クロスオーバーSD』が搭載するのは143ps、305Nmを絞り出すもの。もう1種のエンジンは112ps、270Nmで、高性能版はクロスオーバーSDにのみ設定される。

ミニはベースモデルの3ドア車が昨年フルチェンジを受けたばかり。しかし、現行クロスオーバーは旧型ミニがベースで、今回ディーゼルを搭載してもシャシーやインテリアデザインなどは旧型と同じ。したがって、依然として大きなセンターメーターを持つ仕様である。

それだけではない。ディーゼルエンジンそのものは基本的にこれもBMW『3シリーズ』に搭載されるのと同じ2リットル直4ユニットだ。これを横置きにアレンジして、6速ATと組み合わせる。しかしながらBMWでは付いているアイドリングストップがミニにはつかない。それにエコプロモードもないから燃費だけを見るとどうしても見劣りしてしまうわけである。

では実際に試乗した印象はというと、320の時もたとえば異様に静かなマツダの2.2リットルディーゼルと比較すると、それなりにディーゼルのカラカラ音が出ていたが、あれはアイドリングストップしてくれるので信号で停車しても全然気にならなかった。ところがミニの場合は止まらないのでそれなりに気になるし、本家BMWと比較するとさすがに制音材の量が少ないのか、エンジンの透過音もそれなりに大きい。しかも全域で微振動が出て、特にステアリングにはアイドリング時はおろか、走行中でも常に細かい振動が伝わってくる。少し厳しい評価かもしれないが、プレミアムコンパクトを謳うならこの程度の音や振動は消してほしいものである。

一方のパフォーマンスはどうか。こちらは低速トルクが圧倒的だから文句なく走りやすいし、パワフルな印象を与えてくれる。ただディーゼルらしくなく、あまり低回転は好まない。一般道でも5速に入るのは60km/h以上。6速はおおむね75km/h程度のスピードを要するから、市街地ではほぼ4速といっても過言ではない。そのスピード状況は回転にすると2000rpm弱となるのだが、このあたりのディーゼル音は顕著に耳に届くのだ。

というわけで、SDという高性能版に関する限り、あまり積極的にディーゼルがいい…とは思わなかった。因みにガソリン車と比較して価格は20万円高い。ただし、減税対象で実質的な負担増は5万円ほど。現状の軽油価格とプレミアムガソリン価格の差で、15000kmも走れば元が取れる計算だから、長距離移動が多く、長く乗りたいというユーザーにはメリットが出る。それに今回は箱根周辺の静かな場所での試乗だったため、当然エンジン音などが聞こえやすいが、これが都会の喧騒に入れば印象も違ってくると思う。それにやはり高速での走りは文句なくこちらが上。さてあなたはどちらを選ぶ?

パッケージング ★★★★
インテリア居住性 ★★★★
パワーソース ★★★
フットワーク ★★★★
おすすめ度 ★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来36年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。
《中村 孝仁》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集