【日産 デイズ ルークス 試乗】手慣れた技術とセンスが光る、自分仕様車の「ライダー」…島崎七生人

試乗記 国産車

日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
  • 日産デイズルークス ライダー
日産『デイズ』シリーズの第2弾として登場したスーパーハイトワゴン、『デイズ ルークス』。その、いわば“自分仕様”となるのが「ライダー」だ。

実車は、オーテックの手慣れた技術とセンスで仕上げられた…という印象。前後して登場した特別仕様車“ブラックライン”も同様だが、幅広のメッキのバーと細いモールをリズミカルにあしらったフロントグリル、バンパーまわりの洗練されたデザインは、このモデルのイチバンの“見せ場”だ。足元を引き締める15インチアルミホイールも、グリルの雰囲気と調和した質感がスマートでいい。LEDデイタイムランニングライト(“ブラックライン”は標準)も、いかにも…ではなく、さり気なく配置される。

インテリアではシート地、センタークラスターフィニッシャーなどが専用。センターフィニッシャーはクールなパターンで、シフトインジケーターフィニッシャーのシルバーとコントラストを生み出し、アクセントに。ジャガード織りのシート表皮は、実際に座ってみると、標準車(ハイウェイスターターボ)のスエードとはまたひと味違う、フカッ! と厚みのある風合いが心地いい。

オーテックではほかに、電動回転・昇降機能が特徴の「アンシャンテ助手席スライドアップシート」等も用意。デイズ ルークスの手頃さ、実用性の高さ、快適な走りをベースに、ファッションから実用まで、さらに幅広いニーズに対応している…という訳だ。 

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集