【WEC 第5戦】6時間耐久、いよいよスタート…いきなり3ワイドのバトル展開

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WEC 第5戦 決勝
  • WEC 第5戦 決勝
  • WEC 第5戦 フリー走行
  • WEC 第5戦(写真は予選)
  • WEC 第5戦(写真は予選)
  • WEC 第5戦(写真は予選)
  • F1日本GPで事故に見舞われたジュール・ビアンキの回復を願い、集合写真が行われた。
  • WEC 第5戦「6Hours of Fuji」の優勝トロフィー
  • 多くのファンが詰めかけたグランドスタンド
2014年のWEC第5戦「6Hours of Fuji」。注目の決勝レースが午前11時00分にスタート。序盤からLMP1クラスはトヨタ、ポルシェ、アウディによる激しい三つ巴のバトルが展開された。

昨日の予選でポールポジションを勝ち取ったアンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ組の8号車トヨタ『TS040ハイブリッド』と2番手のティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ベルトラン・ハートレー組の20号車ポルシェ『919ハイブリッド」が並んで1コーナーへ。ここは8号車トヨタがトップを死守したが、20号車ポルシェも反撃。そこに6番手スタートの2号車アウディ『R18 e-トロン クワトロ』(マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組)も割って入り、オープニングラップから3台が並んでコーナーへ進入する大バトルが展開されている。

ところが、2周目のメインストレートで2号車アウディが突然失速し後退。現在は8号車トヨタがリードし5周目を消化している。

WEC 第5戦 富士 スタート5周経過
1.8号車トヨタ『TS040ハイブリッド』
2.20号車ポルシェ『919ハイブリッド』
3.7号車トヨタ『TS040ハイブリッド』
4.14号車ポルシェ『919ハイブリッド』
5.1号車アウディ『R18 e-トロン クワトロ』
《吉田 知弘》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集