【マツダ デミオ 試乗】XD ツーリング、Lパッケージの上質装備含めダウンサイザーにも…島崎七生人

試乗記 国産車

マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
  • マツダ・デミオ XD Touring L Package
カタログ数値で見ると6速AT同士ではディーゼル車がガソリン車より100kg重く(MT車同士では70kgの差)、車検証で確認すると、その差はほぼ“前”にかかっているようだ。看過できない数字といえばそうだ。

けれど実際の走りは、非常に力強いもの。ATに任せて走らせても、ジワッとクルマが動いたかと思うと、グイグイと前に出されていく。エンジン回転の高低をあまり意識せずにストレスなく…というより、ハミングするような軽快な走りが楽しめる。

しかも、アイドリング時を含め、室内で感じるエンジン音や振動は、かなり抑え込まれているのがわかる。場面によっては、ガソリン車よりタイヤ(こちらは16インチだが)のロードノイズが意識されるほど。それくらい静かで快適なドライバビリティだ。

前輪により荷重がかかっているせいか、乗り味も穏やかで心地いい。前輪を切った際の操舵力にも適度な反力が感じられた。とはいえ、山道での身のこなしはあくまで軽快感がある。「Lパッケージ」の上質な内装を含め、上級車を乗り継いできたダウンサイザーにも相応しい選択肢と思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集