スズキ Vストローム 650XT 発表…“クチバシ”型の新フロントカウル装備、ホイールもスポーク仕様に

モーターサイクル 新型車

スズキ・Vストローム650XT(マットフィブロイングレーメタリック)
  • スズキ・Vストローム650XT(マットフィブロイングレーメタリック)
  • スズキ・Vストローム650XT(マットフィブロイングレーメタリック)
  • スズキ・Vストローム650XT(パールブレーシングホワイト)
  • スズキ・Vストローム650XT(トリトンブルーメタリック)
スズキは9月30日、ドイツ・インターモト14でワールドプレミアされた新型『Vストローム650XT ABS』の日本導入を発表。10月10日より発売する。価格は95万400円。

Vストローム650XT ABSは、既存のVストローム650に、兄貴分の『Vストローム1000 ABS』とイメージを統一した新デザインのフロントカウルを採用。足回りにもワイヤースポークホイールを装備した。

その他大型風防や20リットルの燃料タンク、多機能メーターなどを備え、快適な乗車姿勢も相まって街乗りからワインディング、高速道路走行に至るまで幅広いバイクライフに対応する。

ボディサイズは、全長2290×全幅835×全高1405mmで、ホイールベースは1555mmの設定。最低地上高は175mmで、シート高は835mm、車両重量は215kgとなっている。

パワーユニットには、最高出力66ps/8800rpm、最大トルク6.9kgm/6500rpmの、力強く扱いやすい645cc水冷V型2気筒DOHCエンジンを搭載。トランスミッションには6速リターン式が組み合わされる。

ボデイカラーはグレー、ブルー、ホワイトの全3色を設定。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集