【ランボルギーニ ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオ 発表】5分で脱着可能なボディパネル

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ・ガヤルドL570-4スーパートロフェオ
  • ランボルギーニ・ガヤルドL570-4スーパートロフェオ
ランボルギーニ『ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ(以下ウラカンスーパートロフェオ)』は、2015年ランボルギーニブランパンスーパートロフェオ全3シリーズ(ヨーロッパ、アジアおよび北米)にてデビューするレースマシンだ。

“ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2014 富士スピードウェイ第3戦”のために来日した、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・コーディネーターのジョルジョ・サンナ氏は、「『ガヤルトスーパートロフェオ』と比較し、後輪駆動車であること。そして、50馬力向上し(570cvから620cv)、車両重量は80kg軽量化(1350kgから1270kg)。そしてエックストラックが、ウラカンスーパートロフェオ専用に開発したシーケンシャルギアボックスを採用していることが大きな特徴だ」と説明する。

シャシーについては、「全く新しいロールケージを開発した。これはリアアスクルにまで伸び、43kgという軽量なもので、これによってクルマの安全性が大幅に向上するとともに、シャシーのねじれ剛性が45%向上している」。また、パワートレインは、「ウラカンの公道仕様と同じだが、新しいエギゾーストシステムなどを採用することで、エンジン出力は10馬力向上(620hp)した」と話す。

レースでは、アクシデントはつきものだ。ウラカンスーパートロフェオはそれに対応すべく、ボディパネルをクリップで取り外し可能とした。「今回このソリューションを採用したのは、ガヤルドスーパートロフェオと比較し、コストが安く済むということと、チームが簡単にガレージや工場で修理が可能になることが挙げられる。つまり5分で完全にクルマを裸の状態にすることができるのだ」と語った。

なお、価格については、「ガヤルドスーパートロフェオと比較し、10%程アップする予定だ」としたが、本国に問い合わせたところ、現時点ではまだ未定であるという。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集