【パリモーターショー14】ホンダ シビック、2015年型に「スポーツ」…デザインモチーフは次期 タイプR

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
  • ホンダ シビック 2015年型の「スポーツ」
ホンダは9月24日、欧州向け『シビック』の2015年モデルの概要を明らかにした。実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開される。

2015年モデルのハイライトは、新グレードの「スポーツ」の設定。ホンダが現在、開発を進めている新型『シビック タイプR』のデザインモチーフを、先行して取り入れている。なお、スポーツグレードは、ハッチバックだけに用意。

次期タイプRのデザインモチーフが反映されているのは、新形状のフロントバンパー。バンパー下部のメッシュデザインが特徴となる。また、室内のブラックルーフライニングも、ホンダによると、次期タイプRをモチーフにしたという。

さらに、17インチのアルミホイールも、スポーツグレード専用デザイン。ボディ同色のリアスポイラーも、専用装備している。

スポーツグレードのエンジンは、ガソリンとディーゼル。ガソリンは1.8リットル直列4気筒「i-VTEC」。最大出力142psを発生する。ディーゼルは、1.6リットル直列4気筒ターボ「i-DTEC」。最大出力120psを引き出す。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集