【パリモーターショー14】BMW X6 新型、ワールドプレミアへ

自動車 ニューモデル 新型車
新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
  • 新型BMW X6
ドイツの高級車メーカー、BMWは9月10日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー14において、新型『X6』をワールドプレミアすると発表した。

新型X6は、欧州で2014年6月に発表。日本市場にも、すでに導入されている。新型にとっては、パリモーターショー14がモーターショーデビュー、そしてワールドプレミアの場となる。

初代X6は2008年1月、デトロイトモーターショー08で発表。同社にとって、初のSUVの『X5』で成功を収めたBMWが、SUVにクーペデザインを導入。X5のクーペ版として誕生したのが、初代X6。BMWはX6を、「スポーツ・アクティビティ・クーペ」と呼ぶ。

デビューから5年半を経て、X6に2世代目モデルが登場。外観は、新型X5や『X4』同様、BMWの最新SUVのフロントマスクを採用。X6ならではの、緩やかにカーブしたルーフデザインは継承された。室内には、後席に3分割で倒れるシートを装備。荷室容量は580リットルで、シートを倒せば、最大で1525リットルに拡大。これは初代比で、75リットル多い。

基本メカニズムは、2013年秋のフランクフルトモーターショー13で発表された新型X5と共用。発売当初のエンジンは3種類。ガソリンエンジン最上級グレードが、「xドライブ50i」。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボチャージャーで過給。最大出力は450ps、最大トルクは66.3kgmを引き出す。0-100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の実力。初代比で最大40kg軽量化した効果もあり、燃費性能は、最大で22%向上させている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集