【ジャカルタモーターショー14】スズキ、LCGC適合モデル ワゴンR GS を発表

自動車 ニューモデル モーターショー

スズキ・ワゴンR GS
  • スズキ・ワゴンR GS
スズキは、9月18日から始まった「ジャカルタモーターショー(インドネシア国際モーターショー)」で、小型乗用車『ワゴンR』の新グレード「ワゴンR GS」を発表した。

ワゴンR GS(1000cc)は、2013年11月に発売した「ワゴンR」の新グレードで、インドネシア政府の低価格低排出車優遇策「LCGC(ロー・コスト・グリーン・カー)」政策に適合するモデル。軽乗用車『ワゴンRスティングレー』をベースとした、スタイリッシュな外観デザインと、黒を基調とした質感の高い内装を採用し、初めて車を購入する若年層を中心としたニーズに応えていく。

18日に行われた記者発表で、スズキの鈴木俊宏副社長は「2015年の年初から、ジャカルタ東方にあるGIIC工業団地の新しい四輪車組立工場が稼働する計画である。これにより、インドネシア全体の生産能力は25万台となり、拡大するインドネシア市場の需要に対応するとともにアセアン地域およびその他の地域への輸出を強化する。」と挨拶した。

スズキはこのほか、参考出品車として『SX4 S-CROSS』『セレリオ』『ハスラー』を、市販車では『ワゴンR』『エルティガ』『スイフト』『スイフトスポーツ』『スプラッシュ』『APV』を出品する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集