BMW 2シリーズ に カブリオレ…優れた性能や機能性を見る[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
BMW 2シリーズ カブリオレ
  • BMW 2シリーズ カブリオレ
ドイツの高級車メーカー、BMWが9月10日、欧州で発表した『2シリーズ カブリオレ』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

2シリーズ カブリオレは、2013年10月に欧州で発表された『2シリーズ クーペ』のオープンバージョン。クーペ版のスタイリッシュさはそのままに、爽快なオープン走行が楽しめるモデルとした。

2シリーズ カブリオレのルーフには、電動ソフトトップを採用。ボタン操作により、20秒で開閉できる。走行中でも、およそ50km/h以下なら、開閉可能。ソフトトップの素材は、静粛性が追求されており、車内のノイズは4デシベル、『1シリーズ カブリオレ』に対して低減する。

オプションで、ウインドディフレクターを用意。オープン走行時、室内への風の巻き込みを抑える。トランク容量は、1シリーズ カブリオレ比でプラス30リットルの335リットル。BMWによると、クラス最大という。2シリーズ クーペの390リットルに対しても、遜色ない。

欧州仕様のエンジンは、2シリーズクーペと共通。高性能版として、「M235iカブリオレ」が設定される。Mパフォーマンスが手がけた直噴3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載。最大出力326ps/5800-6000rpm、最大トルク45.9kgm/1300-4500rpmを引き出す。トランスミッションは6速MTと8速AT 。0-100km/h加速は5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。

BMWは9月10日、2シリーズ カブリオレの映像を、公式サイトを通じて配信。『All you need to know』と題して、2シリーズ カブリオレのデザイン、パフォーマンス、機能性を含む全てを紹介している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集