【マツダ デミオ 新型発表】小飼社長「1.5Lディーゼルは他の複数車種にも搭載」

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ 小飼雅道社長
  • マツダ 小飼雅道社長
  • マツダ・デミオ
  • マツダ・デミオ
  • マツダ・デミオ
  • マツダ 小飼雅道社長
東京で9月11日に開いた報道発表会に出席した小飼雅道社長は、新開発のSKYACTIV1.5リットルディーゼルエンジンは、『デミオ』以外のモデルにも順次搭載する方針を表明した。

小飼社長は、具体的な搭載モデルについては言及を避けたものの「ボリュームの大きいB、Cセグメントの複数車種に搭載していく」と述べた。デミオよりサイズの大きいCセグメントもカバーする方針だ。ミニバンや、現在は2.2リットルのディーゼルを搭載している『アクセラ』への展開なども考えられる。

小飼社長はこの1.5リットルディーゼルエンジンについて、「ディーゼル比率の高い欧州などでの販売拡大が見込める。グローバルに台数成長を図るための戦略パワートレインとして育成する」とも強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集