【リコール】三菱 デリカ など19万台、オーバーヒートのおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
改善箇所
  • 改善箇所
三菱自動車は9月11日、『デリカ』など5車種のエンジンの補機駆動用ベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『デリカ』『アウトランダー』『ギャラン』『RVR』『ランサーエボリューション』の5車種で、2005年10月9日~2011年10月11日に製造された計19万1596台。

エンジンの補機駆動用ベルトの材質が不適切なため、樹脂製プーリが傾斜状に摩耗するものがある。そのため、そのまま使用を続けると当該ベルトが損傷して外れ、警告灯が点灯するとともに、バッテリ上がりまたはオーバーヒートに至るおそれがある。また、油圧パワーステアリング車においては、操舵力が増大するおそれがある。

全車両、補機駆動用ベルトを対策品と交換する。また、樹脂製プーリを点検し、摩耗が進行している場合は、新品と交換する。

不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集