マツダ、SKYACTIV-D搭載車の国内販売累計10万台を達成…2年7か月

マツダは9月9日、新世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売台数が、2012年2月の『CX-5』導入以降2年7か月で累計10万0325台となり、10万台を達成したことを発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ アテンザ
  • マツダ アテンザ
  • マツダ・CX-5
  • マツダのディーゼルエンジンSKYACTIV-D(スカイアクティブディー)
  • マツダ デミオ SKYACTIV-D 1.5 プロトタイプ
マツダは9月9日、新世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売台数が、2012年2月の『CX-5』導入以降2年7か月で累計10万0325台となり、10万台を達成したことを発表した。

SKYACTIV-Dは、乗用車用量産ディーゼルエンジン世界一となる14.0という低圧縮比により、同社の従来型ディーゼルエンジンと比較して、約20%燃費を改善。低速から高速までスムーズでリニアなレスポンスと、低速域の大幅なトルク向上の実現している。

CX-5発売以降、2012年11月の新型『アテンザ』、2014年1月の新型『アクセラ』の導入もあって、国内のディーゼル乗用車市場は2011年の約9000台から、2013年には約7万5000台へと拡大。2013年にはその6割にあたる約4万5000台がSKYACTIV-D搭載車となっている。

マツダは今後、小型化した「SKYACTIV-D 1.5」を今秋発売予定のコンパクトカー、新型『デミオ』にも搭載する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集