ルノー カングー コンフィチュール、現行モデル初のサンルーフを装着した理由

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
  • ルノー・カングーコンフィチュール
8月29日より、ルノー・ジャポンが発売を開始した限定車『カングーコンフィチュール』のカラーは、現在のカタログ色にはないため、現地工場で専用に手で塗られたものである。

そう話すのは、同社マーケティング部チーフプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレンさん。また、今回は“クルール”ではなく“コンフィチュール”というネーミングになった理由について、「クルールの基本は、過去も含めて日本でカタログ色になったことがないカラーをメインにしているのに対し、今回の2色はいずれも過去にはカタログにあったカラーなので、テーマである果物のラズベリー(ルージュパボ)とカシス(ブルーボルガ)に合うネーミングからコンフィチュール(フランス語でジャムの意)となった」と説明。

コンフィチュールは、「フランス人が毎朝パンに塗るなどして食べているもの。また、週末はクレープの上に塗ったりもしている。そして、夏のシーズンになると、週末に森の中へ行き、ラズベリー狩りなどをして、その日のうちにコンフィチュールを作っている」という。

今回、現行カングーとして初めてサンルーフを装着したのは、「太陽が降り注ぐ明るいインテリアのイメージと、太陽がないと果物は生まれてこないというつながりから発想している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集