【PCCJ 第8戦】元嶋佑弥、ポールトゥフィニッシュで今季3勝目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ポルシェ カレラカップ ジャパン 2014 第8戦
  • ポルシェ カレラカップ ジャパン 2014 第8戦
  • ポルシェ カレラカップ ジャパン 2014 第8戦
  • ポルシェ カレラカップ ジャパン 2014 第8戦
ポルシェ カレラカップ ジャパン 2014 第8戦決勝レースが8月30日、鈴鹿サーキットで開催され、#14 元嶋佑弥が今季3勝目を飾った。

スターティンググリッドは#14 元嶋佑弥、#12 小河諒、#78 近藤翼、#11 山野直也、#19 永井宏明。6番手にはジェントルマンクラスのポールシッター#9 武井真司がつけ、これに続いて#7 星野敏、#25 神取彦一郎というオーダーとなった。

好スタートを決めた#12 小河は、やや出遅れた#14 元嶋に並びかけるが、抜くには至らず。ポジションを守り切った#14 元嶋は序盤からハイペースに飛ばしていく。一方、トップ争いの後方でも大きな混乱はなく、レースはクリーンな立ち上がりとなった。3番手の#78 近藤と#11 山野はともにセットが決まらず苦しい走り。互いに速いセクションと遅いセクションがあり、抜くことは難しい。さらに#11 山野の背後にはニュータイヤの#19 永井が迫るも、こちらも攻め切ることはできず、中団の攻防は一進一退の様相を呈していた。

トップを快走する#14 元嶋は2周目にはファステストラップをたたき出し、#12 小河との差を広げ続け、ほぼ完璧とも言っていいポールトゥフィニッシュでシーズン3勝目。前戦スポーツランドSUGOに続く連勝を挙げた。また、一歩も譲らぬ三竦みの競り合いとなった3番手争いは最終周まで続くも、順位の変動はなくチェッカー。これで#11 山野と#12 小河が共に138ptとなり、同点でランキングトップ、#78 近藤が124ptで追うかたちとなった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集